ライブドアが参入に大ピンチ!アダルトサイト問題で - livedoor ニュース
審査小委員会の審査基準の「公共財としてふさわしい企業、球団か」に問題があるのでは、との質問だ。野球協約第3条(協約の目的)に「野球が社会の文化的公共財となるよう努める」と明記されている。青少年の健全育成をうたうプロ野球界にふさわしくないという指摘。豊蔵委員長もわざわざ「女性にも愛されるプロ野球」と付け加えた。

文化的公共財としてふさわしくない企業はどちらでしょう?
・公的機関が経営再建にのりださなければならないほど、借金まみれの経営をしてきた企業(ダイエー)
・株式上場できる条件を満たさずに株式上場し、それについてオーナーが謝罪の意思を示さないという日本国経済の根本を無視する企業(西武鉄道)
・野球少年の健全な育成上絶対にやってはいけない問題を起こしながら、球団オーナーの引責辞任で問題を収めようとする企業、そしてマスコミであるのに公平な報道をしない企業(読売新聞)
・インターネットのアダルトサイトへアクセスできるように(結果的に)提供している企業(ライブドア&楽天)

公共財としてふさわしくない企業が、自らを棚上げにして新規参入を判断しようなんて、変ですね