『テンパる』
最近聞くようになったこの言葉、とても違和感を感じている

goo 辞書で調べてみたら
テンパる
(動ラ五)
〔名詞「聴牌(テンパイ)」の動詞化〕
(1)麻雀で,聴牌の状態になる。「三巡目で―・る」
(2)転じて,用意がすっかり整って対応できる状態になる。また,目一杯の状態になっている。
聴牌
三省堂提供「デイリー 新語辞典」より
と出てきた

(1)麻雀で,聴牌の状態になる。「三巡目で―・る」
これが元々の使い方だ

(2)転じて,用意がすっかり整って対応できる状態になる。
ここまでは理解できる

また,目一杯の状態になっている。
ここでまったく逆の意味になっている
そしてこの使われ方をよく聞くようになった
聴牌になったら、もう余裕なんじゃないのだろうか?
なんで目一杯なんだ?
何でだろう?
不思議だ