慣用句などの誤用や誤解が広がっているらしい
そういう私もちゃんと理解してなかった言葉が多いけど
Yahoo!ニュース - エンターテインメント - 共同通信
「げきを飛ばす」誤解7割 文化庁の日本語世論調査

 「げきを飛ばす」「姑息(こそく)」「ぶぜん」について、70%前後の人が本来の意味とは異なる意味で理解していることが29日、文化庁の日本語に関する世論調査で分かった。本来の表現ではない「的を得る」「押しも押されぬ」を誤って使っている人も半数を超え、慣用句などの誤用が広がっている。

こういうニュースって定期的に聞く気がするけど、決まったキャンペーン期間とかあるのかな?
正解はそれぞれ、
「げきを飛ばす」
 自分の主張や考えを広く人々に知らせる。また、それによって人々に決起を促したりする。

「姑息(こそく)」
 一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「―な手段をとる」

「憮然(ぶぜん)」
 失望・落胆してどうすることもできないでいるさま。また、意外なことに驚きあきれているさま。「―としてため息をつく」「―たる面持ちで成り行きを見る」

誤「的を得る」
「的を射る」
 うまく目標に当てる。転じて、うまく要点をつかむ。「―射た批評」

誤「押しも押されぬ」
「押しも押されもせぬ」
 どこへ出ても圧倒されることがない。実力があって堂々としている。押すに押されぬ。「―財界の大立て者」

だそうだ