センチュリーライドツアーの最後に、
帰りの飛行機の中で私が書いた感動文です
バイクで100マイルなんて余裕だ!そう思ってました。

大会がスタートして、はじめのうちはホノルルマラソンでおなじみのコース(ホノルルマラソンは4回参加しているので)。
見なれた景色がマラソンとは違うスピードですぎていきました。

ハワイカイを超えると、未知のコース、未知の景色へ!
はじめのうちはスピードも考えていたけど、
「この最高の景色を楽しまないと損だ」
という意識に変わり、スピード無視・楽しみ重視に!

コースをゆっくり進み、エイドステーションではのんびり休み、
としていたら、50マイル折り返しのエイドステーションを出るときに、コナミのスタッフさんから
「100マイルの人は、10:30までに15km先まで行って下さい」
との話しが...。あと20分しかありません...
時間制限を考えず、のんびり楽しみすぎてました。

そこからダッシュするものの、信号につかまったりしながら進むと、
75マイル折り返し地点についた時は制限時間10分後の10:40...
100マイルのキビシさを知りました(笑)

大会はほんとに楽しく、ハワイの景色、ハワイの空気、参加者の皆さんとの交流を満喫しました。
サポート頂いたスタッフの皆さま、ほんとうにありがとうございました。

次回こそは、100マイル!
今回以上の景色を楽しみ、より内容の濃いセンチュリーライドにしたいと思います。