小泉首相が靖国参拝したときの、マスコミの報道に疑問を感じました

新聞やテレビの報道は、自由な議論を排除して、世論を特定の思想に向けようとしている感じ
『どこか特定の組織に媚を売っているの?』
と邪推してしまいたくなるほど
livedoor ニュース - 首相の靖国参拝 ネットで圧倒的「支持」
2006年8月15日、小泉純一郎首相は「公約」どおり終戦記念日に靖国神社を参拝した。「首相の靖国参拝」について、翌日の新聞各紙は概ねこれを批判的に取り上げている。しかし、ネット上の反応は圧倒的に「小泉支持」が優勢だ。なぜこれほど乖離があるのだろう。
小泉さんが国民に支持される理由のひとつは、国民のマスコミ不信なんじゃないのかな
今現在、
・日本人は誰よりも平和を愛し
・平和の大切さを知り
・それを実践し
・それを世界に広げようとしている
と私は信じています