『ドキュン』の意味はわからないけど、非常識なのは毎日新聞記者だと私は思います
テレビでインタビューされてるのをチラッと見たとき(今回とは別の人かな?)、教科書的な答えをしている姿が不自然でしたね

そのときの私の感想は
『海で怖い思いをした後だというのに、マスコミから怖い思いをさせられるなんてかわいそう』
でした

そして数日経ってこの記事
マスコミ(今回は毎日新聞)の横暴さ、そして言葉の暴力を振るっているいうことの無自覚さにあらためて恐怖を感じました


雅楽多blog:毎日新聞記者と遭難ダイバー、どっちがドキュンか - livedoor Blog(ブログ)
◇ふんえん:ダイバー事故 /鹿児島:MSN毎日インタラクティブ 
 「なんでここまで大騒ぎされなければならないのか」。にらみつけられた。宇治群島でダイバー4人が救助された事故。そのうちの2人に取材を直接申し出た時だった。

 死の恐怖を目前にした13時間の漂流には、死の窮地に追いつめられた人同士のきずなや助け合い、想像を超える絶望との闘いがあったはずだ。事実を深く読者に伝えたかった。

 「家族なら心配するのは分かる」「なぜ全国に報道されるのか」。射るような視線を見返し「4人も不明になれば誰だって心配する」。そう応えるのが精いっぱいだった。

 不明当時、現場を管轄する串木野海上保安部に詰め、かたずをのんで安否の行方を見守った。救出時、詰めていた10人ほどの記者全員が「やったぁ!」と歓声を上げた。

 2人が言いたかったことは何だったのか。「あんたたちに心配されなくていい。大きなお世話だ」ということか。ただの迷惑だったのか。考えても切りがないが、悲しくてやりきれない。

テレビなどで放送された映像では普通に謝罪まじりのコメントだったけどな、このダイバーたち。
さて、ドキュンなのは毎日新聞記者かダイバーたちか。
私には「取材には協力的に応じるのが当たり前」てな記者の傲慢な性根が透けて見えるような気がするんだが。皆さんはいかが?