12/11(日)午前5時
日の出前の暗い中、花火とともにホノルルマラソンがスタートしました

距離
(マイル)
ラップ
タイム
内容
10:25:35 最初は周りの流れにあわせてゆっくりス タート
ここでムリして人ごみを掻き分けては後半に疲労がのこってしまうから
2 10:09:77
3 9:01:68 いいペースになってきた
しかし始まったばかりなのに左腿に痛みがある、何故?
4 9:12:12
5 9:03:23
6 8:33:69 ラップタイムのベスト
周りに速い流れがあり、いつのまにかに流されてしまった、これは危険
7 9:04:28 ペースを戻そうと意識したとき、ちょうどSS氏に会う
ここからしばらくSS氏と併走
良いペースで順調に進む
8 9:32:86 ダイアモンドヘッドの登り、問題なし
9 9:03:94
10 8:56:24
11 9:00:84 ハイウェイに乗る、順調
12 8:58:31 ハイウェイ往路
ハイウェイの復路の人たちとすれ違う
復路の人たちを応援しながら走る
とても順調に進む
13 8:41:13
14 8:41:89
15 8:39:98
16 9:34:19 ハワイカイの折り返し区間
EKコーチの応援がうれしい
17 9:09:27 だんだんつらくなってきた、両腿前側が痛い、といってもまだまだ走れる
NI氏(自称スポンジばばぁ)に追いついた、スポンジがうれしい
そういえば、去年NI氏に抜かれたのはちょうどハワイカイだった
ここから、SS氏とNI氏と3人でしばらく走る
走りながら持ってきた梅干を食べる
18 9:35:81 ハイウェイ復路
反対側、ハイウェイの往路の人たちを応援しながら走る
ハイウェイ後半になると、だんだんつらさが増す
後半は応援の声を出すのも苦痛になってきた
19 9:36:13
20 9:35:17
21 9:21:71
22 9:08:35
23 26:55:59 両腿の痛みは激しくなり、呼吸も乱れ、 突然 進めなくなる
SS氏・NI氏は、はるか先へ見えなくなる
立ち止まる、歩き出す、また少し走る
 
カハラのコナミスポーツ応援地点近くで倒れた人がいる
応援のコーチが駆けつけている
声をかけたら倒れたのはIN氏だった
両足がつって苦しんでいるIN氏の介抱を応援のコーチがしてくれている
 
ボクもまた少しずつだが前に進む
いろいろな人に抜かされる
歩きながら、歩いていることが悔しくて涙が出る
また頑張って少し走る
ダイヤモンドヘッド、最後の登り
そこでTK氏&MN氏に追い抜かれる、TK氏がくれたスポンジがうれしい
24マイルの表示見逃した
24
25 14:12:88 残り2マイル、しかしラストスパートできず
歩くか、ゆっくり走ることしかできない
さらに多くの人たちに抜かされる
沿道の応援がとてもうれしい
26.2 14:33:44 ゴールまであと少し
沿道の応援も大きくなる、ほんとにうれしい
しかし、ラストスパートの力すら残っていないのが悔しい
なんとかゴール地点へ
※ フルマラソン(42.195km)は26.2マイル
※ 1マイル≒1.6km
※ ラップタイムは自分の時計の結果のため、正確なタイムではありません



4fad4aa0.jpg 4時間18分39秒でゴー ル!

去年より約10分遅れ
目標タイムにはぜんぜん届いてない

いままでマラソンで歩いたのは初マラソンのときだけ
まさか5回目のフルマラソンで歩くとは思ってなかった
暑さに負けたのか?
気合が足りないのか?

とても悔しい
でも満足
去年ホノルルで、サブ4(4時間切り)を達成できなかったときは『次回頑張るぞ!』と思ったのに、
(サブ4は3月に荒川で達成)
今年は歩いた悔しさはあるけど、なんだかとても満足しているのは何でだろう?

これが今年のホノルルマラソンでした